4/15-25 ドイツ訪問 報告(牧師夫妻)

4/15~25に夫婦でドイツへ行きました。17歳でドイツの地を踏んでから30年が経過しています。2020年にホストファミリーの両親の金婚式に招待された時は、コロナ真っ最中で渡独を諦めました。その後、結婚し2022年に夫婦で沖縄へ行った時の写真を送ると、「次はドイツに来る番だね」と言われました。今回のドイツ訪問の目的は、①ホストファミリーへの結婚の報告、②留学中にお世話になった方々への挨拶、③1月に転入会をした利菜姉の訪問としました。一回の礼拝と二回の祈祷会を役員の方々にお願いし、また祈って頂きました。滞在中、様々なハプニングがありましたが、全て良い思い出です。

最初のハプニングは空港から乗った新幹線の乗り間違えでした。4分前の新幹線に乗ってしまったのです。車掌さんがチケットを見て「この電車は〇〇行で、ビーレフェルトに停車しないよ。」と教えてくれました。一瞬真っ青になりましたが、心の中で祈りました。すると近くの男性が丁寧に乗り継ぎを紙に書いてくださり、車掌さんも戻って来て助けてくれました。1時間遅くなりましたが、無事に目的地に到着しました。町を歩いていると元クラスメートにばったり会ったのです!もし遅れた電車に乗っていなければ出会っていなかったでしょう。しかし、その日はビーレフェルト市内のバスと電車は全てストライキでストップしていたのです。

滞在三日目には、ドイツで教会音楽家として奉仕しているS姉を訪問し、彼女が勤める二つの教会を見学しました。礼拝堂に響き渡る彼女のパイプオルガン演奏を聞きながら涙が止まりませんでした。無事に会えた安心もありましたが、賛美の中に住まわれる神の愛に圧倒されました。その後、教会に併設されたS姉の自宅でランチタイムとなりました。4月は白アスパラガスが旬の時期で、南ドイツ方式の食べ方を教えてくれました。クレープに生ハムと白アスパラガスを巻いて、チーズソースをかけていただくのです。絶品でした。お互いの近況報告をして充実した時間を過ごしました。しかし時間を忘れて話し込んでしまい、新幹線に乗り遅れてしまったのです!駅まで車で送ってくれたのですが、時すでに遅し…。本来なら新チケットを購入しないといけないのですが、駅の窓口で正直に事情を説明すると、数名で話し合い特別なスタンプを押してくださり「良い旅を!」と笑顔で送り出してくれました。普通は有り得ないことです。主に感謝☆